日本企業のほとんどが、東京都に本社を置いているというのは、現在においてもトレンドとして変わっているというわけではないのですが、特に、新宿御苑の付近において貸し会議室サービスを展開するということは、日本企業との商談のみならず、国際的な企業との商談にも、和やかに利用できるということから、私は存在意義のあるサービスだと考えています。
なぜかといえば、東京都の中でも、有数の自然庭園などが残っている場所が新宿御苑であり、残った自然環境を間近にしながら、貸し会議室で商談をするということになれば、外国企業との商談も、日本の古き風土を残す新宿御苑の光景を見ながらスムースに進むのではないかと思ったからなのです。
商談のシチュエーションは、貸し会議室サービスの品質とともに商談の成否を左右するので、タイムリーなサービス提供の場を持っているというアドバンテージが、この貸し会議室サービスの大いなる存在意義となっているのではないかと思います。
詳しくはこちら